上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2Blog Ranking                     この記事良い!と思ったらそれぞれクリックお願いします!!

改めてPSP Goのことを紹介したいと思います。
090603_psp_go_a[1]

・ 2009年11月1日に日本で、2009年10月1日に北米で発売
・ 値段は日本では26800円
・ 今後発売される新たなPSPソフトは、UMD版とダウンロード版の両方が用意される
・ PSP-3000と併売
・ UMDドライブ廃止 いやいやざけんな!って人もいそう。w
・ 16GBのフラッシュメモリを本体に内蔵
・ 本体サイズは約128×16.5×69mm(幅×高さ×奥行)で、PSP-3000より50%コンパクトになってる
・ 本体の重さは約158gで、PSP-3000より40%軽くなる
・ スライド式のPSP
・ 本体カラーは、「ピアノ・ブラック」と「パール・ホワイト」の2種類
・ CPUは「PSP CPU」で動作周波数は1MHzから333MHz
・ メインメモリは64MB
・ 3.8インチのスクリーン(PSP-3000は4.3インチ)
・ 画面の解像度は従来と変わらず480×272ピクセル
・ ステレオスピーカー、マイク内蔵 DSのパクリか?w
・ Bluetoothを搭載
・ メモリースティックマイクロを使用
・ スライドを閉じたままで、映像や音楽を視聴したり、PSP goのオリジナルアプリケーションの時計やカレンダーを表示させることが出来る すげぇすげぇww
・ ゲームを一時的に中断した状態でも、XMB上での各種操作が行なえる機能を搭載

・ 「Media Go」というコンテンツ管理ソフトが今日からPSストアで従来のPSPユーザーに対しても新たに提供される
・ 「Media Go」は、素早くそして直感的にコンテンツのダウンロードとPSPへの移転を行えるようにするPCソフトで、ソフトはPSP goに同梱もされる
・ 「SensMe channels」というものが秋から開始され、「Media Go」で取り込んだ音楽CDなどをよりリッチなインターフェイスで視聴出来るようになる

・ 周辺機器として、PSP go専用の「クレードル」(型番:PSP-N340)が別途発売される
・ このクレードルをPSP goにセットすることで充電が行なえるほか、セットした状態で映像や音楽を視聴可能で、専用のビデオ出力ケーブルを接続することで、テレビに映像を出力して楽しむことも出来る

・ PSPの開発キットが今年80%値下げされる

それにしても・・・果たしてPSP Goは改造できるんでしょうか?
自分的には改造できないと・・・思います。

何故かって? 知らね。


スポンサーサイト

FC2Blog Ranking                     この記事良い!と思ったらそれぞれクリックお願いします!!

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/07/08(Wed) 21:30 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。